コーヒーは世界約60カ国で生産されています。

南回帰線と北回帰線の間の水はけが良く、有機物を多く含んだ火山岩質、標高約1000~2000m。といったコーヒーが育つ条件を満たした世界中にアラビカコーヒーの産地はひろがっています。

南米・中米・アフリカ・アジア/オセアニアといった産地ごとに飲み比べながら各産地の持つ共通した香味特性について考えます。

共通した香味ははたして、あるのか、そもそもそんなものはじつは存在しないのか。

気軽に飲んで、自由に感じていただくワークショップ

こちらのワークショップは現在準備中です。